翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス
株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービスHOME > 論文翻訳

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛けください。(24時間対応)
 
 
会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

論文

論文翻訳を高品質で提供します。

弊社の論文英訳は、専門の翻訳者が日本語の原文を、高品質な英語論文に仕上げます。日本語における論文がどんなに優れていても、英訳した時に、英語での読み手に伝わらない、理解されない、最悪の場合誤解されたのでは、折角の研究成果が台無しになります。弊社が主に扱う論文には以下の様な種類があります。

・小論文
・卒業/修士/博士/学術論文

又、以下の様な分野を得意としております。

・医学、医療
・薬学
・看護学
・技術全般
・建築土木
・芸術
・法学
・歴史

弊社にて皆様の大切な論文英訳をさせて頂く専任翻訳者達は、自分の専攻分野を深く研究し、日頃から関連文献等を勉強しています。機械翻訳は使わず、一語一語、一文一文丁寧に前後関係を十分に理解しながら、英訳します。満足のいく翻訳に仕上げる事で、今まで多くのお客様から好評を得ています。同時に少しでも研究費等のコストを下げる為に、出来る限りの低価格にてサービスを提供できる環境を弊社では整えています。“品質を高めるには高価格の翻訳になる”という業界の常識にチャレンジをし続けてきました。お支払いは、公費でのお支払い、研究費でのお支払い、個人様でのお支払いなど、柔軟にお客様のご事情に応じて受け付けております。是非、弊社のサービスをお試しください。

論文翻訳例

◆過去実績の中からその一部を紹介します。守秘義務の為、お客様名は公開しておりません。

 

論文翻訳例(1)

●日本語原文

現代の日本社会において、「死者をめぐる表象」は大きく変容しつつある。その変容の特徴を要約すれば、第一に、死者が宗教的・霊的なものから追憶的・想像的なものに変化したことであり、第二に、死者が社会的・共同的なものから私的なものに変化したことである。そのことによって、人が死後おとずれるとされていた古典的な死後世界のイメージは急速に消失し、それは「追憶」の対象になったのである。またそのような変化にともなって、死者をめぐる習俗は個人の内面にかかわる私事へと変化してきた。  こうした現象は、従来強固であった日本における「家」意識の解体を最終局面にまで押しすすめるとともに、それまで「家」をささえる中心的なイデオロギーであった先祖の観念を希薄にし、それにともなう儀礼を消滅させた。 また、そのような変化がもっとも顕著にあらわれたのは墓の形態であって、旧来の「家の墓」は「家族の墓」へと変化しただけでなく、さらにその中心は「個人の墓」へと移行してきている。とくにHaruyo Inoueはそのような変化を、伝統的な家単位の墓が減少し、それに代わって、世代を越えて受け継がれることのない非継承墓や、血縁をもたない死者をいっしょに葬る合葬墓が主流になる動きであると理解している。また井上はそれを、死者のための祭祀が「家の祭祀」から「近親追憶的な祭祀」に変化した結果であると指摘している。

 

●英訳文

In modern Japanese society, “symbols surrounding the deceased” are changing dramatically. To summarize the characteristics of these changes, firstly, the deceased have evolved from religious/spiritual beings to memorialized/imagined beings and secondly, the deceased have evolved from societal/collective beings to personal beings. Accordingly, the classic picture of the afterlife to which the deceased go is rapidly disappearing and this has become the focus for “memorialism”. In addition, along with these kinds of changes, customs regarding the deceased have changed to personal affairs pertaining to the individual’s personal feelings (privatization). Such phenomena, together with pushing the deterioration of the traditionally strong Japanese “household” consciousness to its final stage, have weakened the erstwhile concept of ancestors as the central ideology that supported the “household”, and have destroyed the protocol that goes along with this ideology. Further, the most remarkable of these changes to occur is the style of the grave. The traditional “household grave” has not only changed to the “family grave”, but moreover, is switching to a focus on the “individual grave”. In particular, Haruyo Inoue interprets these changes as a trend towards non-inherited graves that are not succeeded over generations or group burial graves where the deceased is buried with others to whom they do not have any blood relation becoming mainstream and taking the place of traditional family unit graves, the number of which will decrease. Further, Inoue identifies this as the result of the change in shrines for the deceased from “household shrines” to “immediate family memorialization shrines”.

 

論文翻訳例(2)

●日本語原文

上記のような変化は、現代の葬儀そのもののありかたに大きく影響を及ぼしている。僧侶をはじめとする宗教職能者が主宰し、寺院において挙行される伝統的な葬儀の割合は急速に少なくなっている。それに代わって、たとえば「家族葬」の名によって、僧侶に依頼せず、あるいは、ごく少数の近親者だけで葬儀を行なう例が都市部では決してめずらしくなくなってきた。さらに最近では、「直葬」と称して、葬儀をせず、火葬場に遺体をそのまま持ち込む形式もふえている。東京の郊外などでは、そのような直葬が全体の三〇パーセント近くになっているというデータもある。明らかに、葬送儀礼の脱宗教化が起こっているのである。
こうした動きの背景としては、市民団体である「葬送の自由をすすめる会」が、「墓からの自由」を理念にかかげ、通常の墓地への埋葬ではなく、海や山への散骨を積極的に推進してきた経緯がある。
こうした葬送儀礼の脱宗教化がもたらした現象として注目されるのが「手元供養」であるが、それについては後述する。
また、そのように宗教色の希薄な葬送習俗を象徴するのが、現在通常の葬儀で読まれる弔辞の内容であろう。死者の親しい友人が、死者の遺影を前にして読み上げる日本に特徴的な弔辞において、次のようなメッセージが死者に向けて語られる。苦しみや悩みの多いこの世から解放されて、穏やかに、そして静かに休んでください、私も間もなくそちらに行きますから、待っていてください、と。そこでは、死が決して人と人とを永遠に分かつものではなく、「つかの間の別れ」にすぎないのだということが、端的に主張されている。このように、死別を「つかの間の別れ」として再解釈し、その苦しみを緩和しようとする試みは、必ずしも目新しいものではない。

 

●英訳文

Changes such as the above greatly affect the form itself of modern funerals. The proportion of traditional funerals held at temples presided over by those of religious vocation including priests, is rapidly decreasing. In urban areas it is not rare that, for example, with the name of “family funeral” and without the aid of a priest, funerals take place attended only by a small number of close relatives. Furthermore, recently “direct funerals” are on the increase. At “direct funerals”, the funeral service is dispensed with and the deceased is taken directly to the crematorium. In the suburbs of Tokyo and such areas, data exists showing that this kind of funeral counts for almost 30% of all funerals. It is clear that the secularization of customs for funerals is taking place.
As a backdrop to such trends, the citizen’s group “Association for the Promotion of Liberty in Funerals” has the philosophy of “freedom from the grave” and the position of having actively promoted the scattering of ashes in the sea or on mountains rather than a normal burial in a graveyard.
The most noticeable phenomenon brought about by the secularization of such funeral rites is the “at-hand memorial service”. However, this will be covered later.
Further, that which represents such customs for funerals lacking in religious atmosphere is probably the contents of the messages of condolence that are read at current ordinary funerals. In the typical Japanese memorial address, close friends of the deceased recite messages such as the following in front of a portrait of the deceased. ‘Now that you have been released from this world full of pain and anguish, please rest calmly and peacefully’, ‘I’ll be with you soon, please wait for me’. Accordingly, this plainly emphasizes that death is not seen as a permanent separation between people but only as a “brief separation”. In this way, endeavoring to soothe grief by re-interpreting separation by death as a “brief separation” is not necessarily a novelty.

 

論文翻訳例(3)

●日本語原文

たしかにこれまでも、四十九日や一周忌を過ぎてもあえて納骨をせず、家庭内の仏壇にながく骨壺を置きつづける人がいなかったわけではない。ことに、伝統的に小型の骨壺がつかわれてきた関西圏では、そのような方法があまり違和感もなく許容されてきたと言える。しかし、最近にわかにメディアによっても紹介される機会のふえた手元供養の方式は、供養についての考えの根本において、これまでとは大きく異なっている。なぜならそれは、本来なら墓地や納骨堂に納めるべき骨壺を何らかの事情によって自宅に置いておくという消極的な行為ではなく、大切な死者の遺骨をいつまでも身近なところにとどめておくことによって、そこに新しい死者-生者の関係をつくりだそうとする積極的な行為であるからである。
たとえば二〇〇五年七月二日の朝日新聞によると、「大切な人を手元で供養 商品・情報の展示会」の見出しのもとで、手元供養協会主催の展示会の様子が紹介されている。そして、そのような手元供養の形式を受け入れる現代人の志向の変化について、記事は次のように解説する。
遺骨や遺灰で作ったペンダントや遺骨を入れた陶器の置物――。伝統的な家墓や仏壇に代わり、身近に故人をしのぶ「手元供養」が新たな供養方法として登場している。映画化されたヒット小説「世界の中心で、愛をさけぶ」で主人公が恋人の遺灰を持ち続けていたように、背景には遺骨・遺灰に対する考え方の変化があるようだ。
こうした手元供養関連グッズを直接商品化するのではない既存の墓苑・墓石業者や仏壇店でも、最近は大都市周辺の店舗や相談センターで積極的に手元供養の紹介と展示・販売を行なうようになっている。

 

●英訳文

At present, a new form of memorial service for the deceased called “At-hand memorial service” is showing convincing expansion. In this case, the ashes of the deceased are not placed in a crypt or grave as was done according to traditional conventions but are enshrined in the home providing a method for memorial at one’s fingertips.
It is true that, even in the past, there were people who intentionally did not lay the ashes of the deceased to rest after the forty-ninth day after death or the first anniversary of death, instead keeping the urn in the family Buddhist altar for a long time. Therefore, in the Kansai area that has traditionally used smaller urns, it can be said that this method is permitted and that there are no feelings of discomfort towards it. However, recently, all of a sudden, methods for “At-hand memorial” are being more frequently introduced by the media, and the foundation of thoughts on memorials is dramatically different from that of the past. This is not because the urn that should by all rights be placed in a grave or crypt is, for some reason, as a passive action, kept in the home, but it is because by keeping the ashes of the dear departed close, there is an active attempt to create a new relationship between the living and the deceased.
For example, in the July 2nd 2005 edition of The Asahi Shimbun, under the title of “Memorializing the Dear Departed At-hand ? An Exhibition of Information and Products”, an overview of the exhibition held by the Temoto-Kuyo (At-hand memorial) Association was introduced. This article explained the changes in the wishes of modern people who have accepted this form of at-hand memorial service as follows.
Pendants made from the ashes or bones of the deceased or ceramic ornaments that have the remains incorporated ――. Instead of traditional household graves or Buddhist altars, a new form of memorial, an “At-hand memorial” that commemorates the close departed, has come on to the market. Just as the main character of the hit novel “Sekai no Chuushin de Ai wo Sakebu” (“Cry out for Love at the Center of the World) that was made into a film always carried the ashes of his lover around with him, against this backdrop it seems that there are changes in thinking towards the ashes and bones of the deceased. Even existing graveyard or tombstone businesses that do not directly commercialize such at-hand memorial goods have recently actively begun the display and sale of these goods in shops and consultation centers in large cities and their surrounding areas.

 

論文翻訳例(4)

●日本語原文

このような浮かばれない死者は、戦争による死者、事故や災害による横死者として、古来手厚い鎮魂・供養の対象とされてきた。とりわけ日本においては、政治的な敗者の霊によって引き起こされる災厄を極度に恐れ、彼らを御霊として神に祀る人神祭祀の伝統をもちつづけてきた。近代国家が戦死者の祭祀施設として創建した靖国神社の制度も、そのような浮かばれない死者にたいする国家的な処遇という一面がある。
周知のとおり、靖国神社をめぐっては小泉前首相の参拝問題やA級戦犯合祀の問題を中心に多くの論議が存在するが、それを従来のような一宗教法人の独占管理にゆだねておくのではなく、たとえば「新追悼施設」構想に見られるような公的であると同時に無宗教的な施設にその処遇をゆだねる工夫が必要になっている。
それはまた、たんに靖国神社に限定した死者の処遇の当否という問題にとどまるものではない。戦後日本の問題として考えても、たとえば日航機墜落事故(1985年)や阪神・淡路大震災(1995年)での横死者の霊をどのように鎮め、また彼らの記憶をどのように持ちつづけていくかという国民的な課題としても存在するのである。

 

●英訳文

Such deceased who cannot pass over into the afterlife peacefully are those who died a sudden death in wars, accidents or disasters and they have been the object of time-honored courteous requiems and memorials. Notably in Japan, there is fear that extreme calamities are caused by the souls of the politically defeated and the tradition of deifying their souls as gods in a special ceremony has been upheld. The institution of Yasukuni Shrine that was founded by the modern state as a religious facility for the war dead is also a facet of the way the nation deals with the souls that can not pass over peacefully into the afterlife.
It is common knowledge that there is much debate surrounding Yasukuni Shrine centered particularly around the visits to the shrine of the former Prime Minister Mr. Koizumi or the enshrining of class A war criminals. However, these should not be left to the monopolistic management of the religious law of a sect as is traditional but, for example, it is necessary to publicly propose a plan for a “new memorial facility” at the same time as creating a scheme whereby they are dealt with in a non-religious facility.
Again, this is not simply a problem that is limited to the rights and wrongs of dealing with the deceased at Yasukuni Shrine. Even considering this as a problem for post-war Japan, for example, how to appease the souls of those who died violently in the Japan Airlines crash (1985) or the Great Hanshin Awaji earthquake (1995) and how to keep them in memory exists as a national theme.

 

論文翻訳例(5)

●日本語原文

では、当時の戦争映画が如何なる意味でも国策を宣伝する映画ではなかったかといえば、もちろんそうではない。特に太平洋戦争へと突入した1941年以降、戦争映画に繰り返し描かれたのは少年が軍の訓練所へ入り、立派な軍人となって成長するという物語である。
 1942年には戦時中を通じて最も有名な映画であり、当時最高の収益をあげた映画『ハワイ・マレー沖海戦』が公開された。この映画は日本軍の真珠湾攻撃と、イギリス軍の戦艦を撃沈したマレー沖海戦の二つの戦闘を題材としている。映画では高い特撮技術を用いたリアリティーあふれる戦場が描写されている。
 この映画のストーリーは、一人の少年が海軍に入り、厳しい訓練を経て立派な軍人となるまでの過程を描いている。そこでは訓練所での厳しい訓練の様子が描かれ、最後に立派な軍人となった少年は真珠湾攻撃に参加して日本軍の勝利に貢献する。
 このように未熟な少年が軍隊に入り、立派な軍人となることを描いた映画は、当時の戦争映画の中心であった。他にも1943年の『海軍』や『決戦の大空へ』などもこの物語を軸として戦争を描いた。

 

●英訳文

o, if it is said that war movies at the time were not in any sense movies that publicized national policy, of course, this is not the case. In particular after 1941 when Japan entered into the Pacific War, war movies repeatedly depict stories of youths entering army training schools and growing into fine soldiers.
 The most famous movie during the war “Naval Battles of Hawaii and Malay” was released in 1942 and made the highest profits of the era. The theme of this movie is two battles; the Japanese army’s attack on Pearl Harbor and the Malay naval battle that sunk a British battleship. The movie portrays very realistic battle scenes with high-quality special effects.
The story of this movie is that of a youth who joins the navy and depicts the process of him becoming a fine soldier after undergoing strict training. Aspects of the strict training at the training school are depicted and in the end, the youth who has become a fine soldier participates in the Pearl Harbor attack and contributes to the Japanese victory.
 War movies of the time focused on depicting such youth joining the army and becoming fine soldiers. Other films such as “The Navy” and “The Final Battle of the Sky” made in 1943 depicted the war using this story as their axes.
In such movies, what kind of soldier is deemed as “fine”? For example, there is a scene in “Naval Battles of Hawaii and Malay” that explains this.

 

論文翻訳例(6)

●日本語原文

それでは、これらの映画のなかで、どのような軍人が「立派」であるとされていたのだろうか。例えば『ハワイ・マレー沖海戦』のある場面はそれを説明している。
主人公の少年は訓練中の事故で友人が死んだことを悲しんでいる。彼に対して既に立派な軍人になっている青年が話しをする。その軍人は「おれが兵学校時代の話だ・・・」として話し始める。そこからはしばらく台詞が無く、背景に「海ゆかば」が流れる厳粛な雰囲気の中で、彼は祈りをささげている。そして彼は言う。

 一年、二年とおれは祈り続けた、第三学年のあるとき豁然と感ずるものがあった。自分は自分ではない。自分は無だ。自分のことごとくは、かしこくも大元帥陛下のためにささげ奉ったものである。と、腹のそこからはっきり悟ったのだ・・・それは日本人なら誰でもあるものだ。三千年も昔から脈々と流れてきた血だ。その血が大和魂だ。軍人精神だ。国民精神だ。

ここでは、「自分は無だ」と悟ることが必要であることが説かれている。自分が「無」であることを悟ることによって彼は「軍人精神」や「国民精神」と一体になることができた。ここでは、立派な軍人とは、死を嘆くのではなく、自らが無であることを悟り、死を覚悟することのできる人間のことである。そのことを示すように、この話をしたすぐ後に彼は、「おれはもうすぐ戦場へ行く、君と会うのはこれで最後になるだろう、だからこれだけは言っておきたかった」と述べる。

 

●英訳文

The youth who is the main character is grieving for a friend who died in a training accident. A young man who is already a fine soldier talks to him. This soldier begins by saying “This is a story of when I was at naval academy…”. After this there are no more lines for a while and in a grave mood with Umi Yukaba (a Japanese army song) playing in the background, he is saying his prayers. Then he says:

 I kept on praying for one year, for two years and in the 3rd year of school I sensed something all of a sudden. I wasn’t myself. I was nothing. Cleverly, I was entirely offered up for the sake of the honorable commander-in-chief. Then, I clearly understood it in my guts… that is what any Japanese person is. This is blood that has flowed in our veins for 3,000 years. This is the Japanese spirit. This is military spirit. This is the spirit of the population.

There is an explanation of why the necessity of understanding “I was nothing” here. By understanding that one is “nothing” he becomes one with “military spirit” and “the spirit of the population”. Here, a fine soldier is not a soldier who grieves death but one who personally understands that he is nothing and is a human being who can prepare himself for death. In order to indicate this, just after he has talked about this, he states: “I will soon be going into battle and this is probably the last time I will see you, so I really wanted to tell you what I have told you.”

 

論文翻訳例(7)

●日本語原文

戦時中の戦争映画は戦争の目的も敵もほとんど描かなかったが、それはこれらの映画が政治的プロパガンダ映画ではなかったことを意味するのではない。むしろ、それらを描かないことが、政治的に最も重要な意味を持っていた。それは、当時の天皇制という政治体制の下で機能する重要なメッセージを宣伝していたのである。
 戦時中に戦争映画と政治の関係を説明しようとしたものに、中谷博(なかたにひろし)の「戦争映画本質論」がある。まずは、これを手がかりに戦争映画と政治の関係をみてみよう。

忠勇義烈の意義は、肉体的の労苦からは発生しない。奮撃突戦の勇ましさからでさえも、必ずしも生まれ出てこない。単なる苦しさ、痛ましさ、単なる強さ、勇ましさ、単なる烈しさ、けだかさ、それだけでは戦争の本質として欠くべからざるものを形成しえないのだ。・・・即ち戦争なるものは、あまねく世人の知る如く、一つの国が他の国に対して、自己の国是を貫徹し、国家の権威を確保するために行うところの、非常時的な政治手段であるのだ

 

●英訳文

During the war, war movies hardly depicted the objectives of war or the enemy. However, this does not mean that they were not political propaganda movies. Rather, the fact that they did not depict such things held the most important political meaning. This publicized an important message about the function of the political system under the Emperor system at that time.
 Hiroshi Nakatani attempted to explain the relationship between politics and war movies during the war in his “The Essence of War Movies”. First of all, let us examine war movies and politics using the information in this thesis.

The significance of loyalty, bravery and heroism does not stem from physical hardship. It is not necessarily born of bravery in fierce aerial attacks either. The true nature of war undoubtedly cannot be formulated merely from youth and bravery, from simple strength and bravery, from mere violence and nobleness. … In other words, war is a political means in times of crisis, as worldly people know, of one country imposing its national policy on another country and working in order to secure State rights.

 

論文翻訳例(8)

●日本語原文

戦争は決してそれ自身究極の目的ではなく、他のより主要な目的のための手段にしかすぎない。そのため「戦争には確かに独自の方法はある。しかし独自の論理などは決してありはしないのである」。
 このため、戦争とは必然的に一国の政治もしくは政策の目的を遂行する手段に他ならない。つまり、政治的な目的を欠いた戦争というものはありえないことになる。そしてクラウゼヴィッツにとっての政治とは「内政上の一切の利害、また個人生活の利害や哲学的に考えられる利害をも統一し、調和させるものである」と同時に対外的には「全社会の一切の利害の代弁者」となる。
 このようにクラウゼヴィッツにおいては、戦争と政治との関わりが手段と目的の関係として結び付けられている。この戦争と政治の関係を、さらに不可分のものにしたのはカール・シュミットである。中谷は上に続く文章の中で、シュミットを参照にしながら次のように述べている。

 ・・・戦争なるものは明らかに国家と国家との間の闘争であって、従ってまた国家と個人との、若しくは個人と個人との間には、少なくとも戦争と呼ぶにふさわしい形態によるところの闘争は認められない。カルル・シュミットが、戦争に於いて敵と呼ばれるところのものは、全て公的に限るのであって、私敵の存在はこれを認むることを得ず、との意を述べているのは、まことに尤もなことである。

 

●英訳文

War never has ultimate personal objectives but is not more than a means in order to achieve the objectives of another party. For that reason, “There are certainly distinctive methods in war. However, distinctive logic does not even exist.”
 For this reason, war is nothing more than a means for the inevitable execution of one country’s political or policy objectives. In other words, war cannot exist without political objectives. In addition, according to Clausewitz, politics are “only advantageous to domestic affairs and are coordinated to consolidate advantages to individual lifestyle and advantages that can be considered philosophically” and at the same time, externally, are “the spokesperson for advantages for the whole society.”
 In this way, Clausewitz links the connection between war and politics as the relationships between means and objectives. It was Karl Schmidt that made the relationship between war and politics even more inseparable. Nakatani refers to Schmidt in his work mentioned in the following manner:

 … Wars are clearly started by conflict between nations and therefore conflict between nations and individuals or between individuals cannot be recognized as war in the proper sense of the word. The fact that Karl Schmidt states the meaning that in war, that which is called the enemy is limited only to all public usage and that the existence of individual enmity must recognize this is also quite plausible.

 

論文翻訳例(9)

●日本語原文

このような意味での政治のもとで戦争を「非常時的な政治手段」とみなすのであれば、そのとき戦争もまた「抵抗の対象たりえない本質」であり「非政治的自然」となる他はない。戦争もまた国家と同じく、あらかじめ前提して存在する絶対的なものである。
戦争をこのように絶対的なものとして表象するためには、戦争の目的や敵愾心はむしろ邪魔になる。戦争の目的を中心に戦争を描くとき、その戦争は何かのための戦争となる。それはクラウゼヴィッツが語るような戦争であり、利益のための戦争である。つまり、利益にならない戦争は正当化されない。この意味で戦争は絶対的なものではなくなる。
そして、敵愾心の場合、確かに敵愾心を煽ることは戦争遂行において有効な手段である。しかし、敵と戦う理由が敵愾心である時、その憎い敵と戦うことを決定するのは個人の問題となってしまう。シュミットにとっては誰が敵で、誰が友かを決定するのは「国民」であり、そしてその決定を自ら行うことが、「国民」が政治的であるための条件であった。シュミットの言葉に従うなら、「政治」が国民の決定から発生してしまうのである。
天皇制政治体制のものでは、「政治」は自然と同じく前提であり絶対である。ここでは決して個人から発生するものであってはならなかった。
 この意味で、戦時中の戦争映画が、最も「国策」に沿ったプロパガンダを展開したいなら、戦争目的や敵愾心は描かれないほうが適切であった。そのような「政治」に寄らず、むしろただ無心に戦場に赴き死ぬこと、これが兵士に求められた。そして、それにより「個人が国家大にまで拡大される」ことで兵士は政治的な存在となるのである。

 

●英訳文

In this sense, if war based on politics is classed as “political means in times of emergency” the war at that time is “opposition that cannot stand up to the true essence” and again becomes nothing more than “apolitical nature”. War again, the same as the State, is the absolute existence of prerequisites.
War objectives and hostility become obstacles when attempting to symbolize war as such an absolute. When war is depicted centering on war objectives, such wars become wars with a purpose. These are the wars that Clausewitz talks of; wars for gain. In other words, wars that are not for gain are not justified. In this sense wars are no longer absolute.
In addition, in the case of hostility, a valid means of conducting a war is the stirring up of hostilities. However, when the reason for fighting with enemies is hostility, it becomes an individual issue in deciding to fight the hated enemy. According to Schmidt, it is “citizens” who decide who are friends and who are enemies and these decisions made by the citizens themselves were the conditions for their politicalization. If we adhere to Schmidt’s opinion, “politics” occur from the decisions of the citizens.
In a political system with an Emperor system, “politics” are absolute with the same prerequisites as nature. Here there must be no occurrences from individuals.
 In this sense, if wartime war movies want to develop propaganda that follows “national policy” closely, it is more appropriate if they do not contain war objectives or hostility. Without approaching such “politics”, rather simply dying innocently on the battlefield was what was asked of soldiers. And, due to this, through “the individual soldier being magnified to become “the great State”, the soldier becomes a political being.

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせください。

医学翻訳医療翻訳医薬翻訳外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術翻訳契約書翻訳代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳サービス英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービスHOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
会社概要プライバシーポリシーについて翻訳会社コラム翻訳に役に立つ表現/フレーズ集
英語翻訳について翻訳者インタビュー翻訳会社の一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳会社便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
英訳・和訳の翻訳に関する記事一覧翻訳サービスの対応一覧契約書翻訳サービス技術翻訳サービス
 
 
Copyright(c) 翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス All rights reserved.