翻訳に役に立つ表現/フレーズ集1

 
翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス
株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

HOME > 翻訳に役に立つ表現/フレーズ集1

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛けください。(24時間対応)
 
 
会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

翻訳に役に立つ表現/フレーズ集1

 

日本語/英語/解説

 

単語を思い浮かびません
The word is not coming to me

rememberなどを使うと硬い表現になります。そこでこれらの簡単な単語のみを用いていきた表現をします。より生活感ある、日常で使われる表現です。

 

ちょっと調べてみたいのですが。
Can I quickly look that up?

手早く調べたいので、ちょっと待って、などを相手に伝えたい場合に多用できます。ネイティブで好まれて使われる表現で、当翻訳会社としては英語目線で使われる表現をできる限り使用した生きた英語翻訳をしております。

 

だんだん暑くなってきました。
It's getting warm.

warm の代わりに hot でも良いです。季節の変わり目にはよく使用される表現です。

 

台風の季節です。
It's typhoon season.

アジアではtyphonn、北米ではhurricane、インドではCycronと呼ばれます。

 

梅雨入りしました。
It's rainy season here now.

hereを使うことで、自分が住んでいるあたりを意味します。翻訳のコツの1つはより生きた表現を使う事です。

 

昨日の最高気温は40度でした。
It went up to 40 yesterday.

up toはよく使われます。〜まで、を表します。

 

梅雨が明けました。
Rainy season is finally over.

生きた英語表現のコツは、優しい単語を使う事です。ネイティブが日常使用している表現は、とても多くの簡単な単語がつかわています。ただその意味するところが広範になることがあり、あらかじめ知識がないと、理解しづらいものです。

 

今日の最高気温は38度になる見込みです。
It's going to go up to 38 degrees.

あえて最高気温という日本語を英語に訳さないでも、up toを使うことで同じ意味を表すことができます。

 

ジメジメしています。
It's very wet out.

wet outも簡単な単語が2つ使われていますが、ジメジメという日本語からくる肌感覚の意味が、この2つの単語の組み合わせで十分に表現できます。Outなどの動きのある簡単単語を多用することで、生きた表現ができます。

 

今日の最高気温は35度でした。
Today's high was 35 degrees.

気温についてはmaximumも使いますが、high/lowという簡単な単語でも全く同じ意味になります。

 

毎日雨です。
It's been raining every day.

現在完了形を使うことで、毎日雨が降り続いている、という生きた表現になります。

 

寝苦しいです。
It's too hot to sleep.

too ~ to ~もよく使われる表現です。Toの後の動詞の意味に対して、tooの後の形容詞・副詞の状況が過ぎている、を表しています。

 

夕方になると雷雨になります。
We get thunderstorms in the evening.

アメリカ英語ではgetが非常に多く使用されます。Be動詞、go、takeなどの代わりにgetが使われる頻度が高いです。

 

熱帯夜が続いてます。
It's been sweltering at night.

熱帯夜という日本語を直訳しないで同じ意味を英語らしく表現しています。

 

夕方ににわか雨になることが多い今日この頃です。
We often get showers late in the day.

日本語は説明的な表現が比較的多く、反対に英語は簡単な単語で同じ状況を表すことが多いです。翻訳会社で働く翻訳者たちの実力とは、同じことを表現するとき、直訳と意訳を上手く使い分けて、原文の作者の感覚をいかにうまく翻訳文の読者に伝えられるかになります。

 

毎日暑いです。
It's hot all the time.

毎日の表現にall the timeを使うことで、一日中という意味も表現できます。

 

日焼けしました。
I got sunburnt.

ここでもgetを使うことで、動きのある英語(アメリカ)表現になります。

 

うだるような暑さです。
The heat is unbearable.

うだるような、は日本語特有の表現です。英語では耐えられない、という意味を持つunbearableでほぼ同じ意味になります。

 

汗が止まらない。
I'm sweating constantly.

constantlyは絶え間なく、continuouslyは連続した、という意味です。

 

お久しぶりです。
It's good to see you again.

日本語は主語を言わない、書かないことが多い言語です。文章の前後で読み手・聞き手が判断します。一方英語は原則主語目的語をはっきりさせたがります。この表現ではあなた、が目的語です。

 

最近変わったことがありましたか。
Anything interesting happening lately?

something/anything + 形容詞も多く使用される表現です。

 

最近どう?
How have you been?

日本語では主語がありません。英語では必要なので、この場合は相手の最近事情を聞いているので、youを使います。

 

ニュースはありますか?
Any news?

簡単表現を好む英語の代表例です。

 

調子はどうですか。
How are you doing?

日常会話で好まれる言い方です。

 

最近どうしているの。
What's new with you?

what's newは砕けた表現で、友達との会話で使われます。

 

それであなたは、どう?
How about you?

how aboutはその後に来る名詞に関しての状態を聞く時に必ず使われます。

 

ちょうど料理をしていたところです。今食べ始めたところです。
I was just cooking.

justは使用頻度の高い単語で、色々な意味に使われます。

 

もう食べました。
I already ate.

alreadyは現在完了に使われることが多いですが、この例の様に単独でも使用できます。

 

まだです。
Not yet.

かなり頻繁に使用されるフレーズです。砕けた状況でも、畏まった状況でも使えます。

 

今食べているところでした。
I am in the middle of eating.

in the middle ofは単語本来の意味通り真ん中、している最中を表します。

 

今食べようとしたところです。
I was just about to eat.

justの他の使い方です。Justを使うことで表現に動きが出ます。この様な単語をいかに上手く使えるかで、翻訳の質が上がりますので、能力がある翻訳者は原文日本語の言いたい事を十分に理解した上で、使ったり使わなかったりしています。

 

ちょうど食べ始めたところです。
I just atarted to eat.

justの他の例になります。

 

 
 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせください。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳サービス英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
会社概要プライバシーポリシーについて翻訳会社コラム翻訳に役に立つ表現/フレーズ集サイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー翻訳会社の一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳会社便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス All rights reserved.