翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス
株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービスHOME > 教育翻訳

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛けください。(24時間対応)
 
 
会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

教育

教育関連の英語翻訳(英訳・和訳)を高品質で提供します。

◆過去実績の中からその一部を紹介します。守秘義務の為、お客様名は公開しておりません。

 

教育関連の翻訳例(1)

●日本語原文

24時間開館という大きな特長を持つ図書館は、キャンパスの中央部に位置している2階建ての建物である。平成17年度末現在、蔵書は約5万冊で、その80%が英文の洋書であり、和書が20%となっている。日本の大学の図書館としては、蔵書数そのものは決して多くはないが、学生規模の小さい大学として4万冊に近い洋書を揃えているというのは大学図書館の中でも特筆に値するものである。洋書は特に一般教養の面で幅広い分野をカバーし、また日本研究に関するものが充実している。また視聴覚教材としては、CD1,000枚、DVD550枚、カセットテープ450本を所有している。

図書館は開架式で、洋書は米連邦議会図書館(LC)の分類法に従い、和書は日本十進法分類法に従って分類、整理されている。貴重本や視聴覚教材は閉架式の書棚に置いてあり、職員に依頼することによりすぐに閲覧できる体制を整えている。職員は朝から深夜までカウンター窓口に待機しており、いつでも開架式、閉架式の書籍類の閲覧や貸し出しの応対ができるようにしている。

 

●英訳文

With the great merit of being open 24 hours, the library is located in a two-story building in the center of the campus. In the library, as of the end of 2005, there were approximately 50,000 volumes of which 80% are English language publications and 20% are Japanese. Compared to other Japanese university libraries, the number of volumes in itself is not particularly high but as a small-scale university with a library that boasts a range of almost 40,000 English volumes, AIU surely deserves a special mention. The English volumes cover a wide range of fields in general education and volumes concerning Japan Studies satisfy study requirements. The library also possesses numerous audio-visual materials comprising 1,000 CDs, 550 DVDs and 450 cassette tapes.

The library is open-shelved. English volumes are categorized conforming to the US Library of Congress (LC) classification system and Japanese volumes conforming to the Japan Decadal System classification system. Precious books and audio-visual materials are kept in closed shelves and the library staff is always prepared to make these available on request. Staff is always at the reference desk from morning until late at night available for assistance with borrowing or browsing of open and closed shelf materials at any time.

 

教育関連の翻訳例(2)

●日本語原文

本学では、4月から8月の春学期と9月から3月の秋学期、それぞれ15週のセメスター制を採用している。秋学期中、7.5週間の冬期プログラムがあり、学生は勉強の遅れを取り戻したり、自分の学習計画をより深めたりすることができる。原則的に、科目の開講期間は1学期間であり、1学期間の学習の状況に基づいて学生の単位修得・成績付けがなされる。EAP修了後、学生はカリキュラムに示されている履修の仕方に基づき、それぞれが学びたい科目を選択し、履修することができる。
平成17年度、EAPプログラムは、他の科目と異なる日程で実施された。春学期においては、全てのレベルの科目が15週間を1学期として開講したが、秋学期においては、前半の7.5週経過後に次のレベルに進む機会が与えられた。この7.5週経過時にEAPを修了した学生に対しては、秋学期後半7.5週で完結する科目と、秋学期後半に冬学期7.5週を加えた15週間で実施する基盤教育科目を提供した。

 

●英訳文

The academic year of AIU is divided into two parts of 15 weeks respectively. Spring Semester, from April to August, and Fall Semester, from September to March. During the Fall Semester, AIU provides an optional Winter Program of 7.5 weeks so that students can catch up on their studies or enhance the quality of their own program of studies. Generally, each course runs for one semester and grades and credits earned by students are based on their study performance over that semester. After the completion of EAP, each student can select the courses they would like to take, using the knowledge gained from EAP program ‘how to choose a course’ information.
In 2005, the EAP Program was held on a different schedule from that of other courses. In the Spring Semester, all levels of the curriculum were held on a 15-week semester basis. After the first half (7.5 weeks) of the Fall Semester, the chance to advance to the next level was given. At this time, for students who had completed the EAP Program, a 15 week Basic Education curriculum was provided comprised of 7.5 week courses in the latter half of the Fall Semester coupled with 7.5 week courses in the Winter Semester.

 

教育関連の翻訳例(3)

●日本語原文

平成17年度は、本学が学生に卒業要件として課しているリベラルアーツ要素の全ての分野の科目、基盤教育の全ての分野の科目(コミュニケーション科目、ベーシック・スタディズ科目、グローバル・スタディズ科目、日本人としてのアイデンティティに関する科目)を開講した。第1期入学生の中には留学要件を満たすためにGPAを向上させなければならない者もいるが、学生は受講した科目において、概ね優秀な成績を修めている。学務部長表彰(当該セメスターのGPAが3.60以上であり、かつ12単位以上の単位(A-F評価科目に限る)を取得した学生が対象)受賞者が57名と急増していることから、平成17年入学生の成績における明確なGPAの向上は、近い将来、留学要件を満たせるかどうかということは小さな問題となるであろうことを示している。TOEFLスコアの留学要件550点を満たした上で基盤教育レベルに進んでくる学生の成績の内容からも、同様の事がいえる。現状では、比較的多くの学生(38名)が、TOEFLスコアの要件を満たせないために平成18年9月の留学開始を延期しなければならない状況であるが、新しい入学生のTOEFLスコアが年々伸びていることから、このような留学開始時期の遅れという問題も一時的なものと考えられる。このような留学要件に関わる問題は基盤教育のカリキュラム等を大きく変更しなければならないような事項とはなっておらず、基盤教育に関わる教員は、留学プログラムの適切な準備を行うという基盤教育の役割を意識しながら教育に取り組んでいる。また現在、留学のためのGPA及びTOEFLスコアの要件をクリアできないという問題を持っている学生は、特別な指導・助言を受けられることとなっている。
平成17年度以降の入学生で非常に優秀な成績(高いGPA、TOEFLスコア及び担当教員からの推薦)を修めている者については、早期留学制度(ASAP)により、より早期に留学を開始できることとなった。平成17年度入学生のうちの何人かの学生は、平成18年度にこの制度により留学する見込である。

 

●英訳文

In 2005, all Liberal Arts and Basic Education courses (Communication Courses, Basic Studies, Global Studies, Japanese Identity)that are imposed as graduation requirements were offered. There are new students in their first semester who must improve their GPA in order to fulfill study abroad requirements but, they are achieving, for the most part, excellent results in the courses that they are taking. The number of students who were commended on the Dean’s List (for students with a GPA of more than 3.60 over a semester, as well as having earned more than 12 credits (limited to courses evaluated by the A ? F system)) sharply increased to 57. While this is a clear improvement in GPA scores, the question is raised as to whether students enrolled in 2005 will fulfill study abroad requirements in the near future. The same can be said for students who have achieved the study abroad requirement of a TOEFL score of 550 and who will progress to the Basic Education course. At present, due to the fact that a comparatively large number of students (38) have not achieved the required TOEFL score, the start of the study abroad program planned for September 2006 has had to be postponed. However, new student TOEFL scores are improving year by year and AIU considers such postponements in study abroad periods as a temporary problem. Problems concerning such study abroad requirements have not caused necessity for any large-scale modifications to the Basic Education curriculum. Basic Education Faculty members engage in teaching while taking into account of the Basic Education curriculum’s role in appropriate preparations for the study abroad program. Furthermore, at present, students who have not managed to attain the required GPA and TOEFL scores for study abroad are receiving special guidance and advice.
From 2005, new students with highly superior grades(high GPA/TOEFL scores or recommendations from their teachers)can start their study abroad much earlier with the Advance Study Abroad Program (ASAP). There are a fair number of 2005 students who are expected to study abroad on this system in 2006.
At the present stage, as far as a judgment can be made, the education standards to which we aspire are being consistently maintained with respect to the Basic Education Curriculum.

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせください。

医学翻訳医療翻訳医薬翻訳外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術翻訳契約書翻訳代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳サービス英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービスHOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
会社概要プライバシーポリシーについて翻訳会社コラム翻訳に役に立つ表現/フレーズ集
英語翻訳について翻訳者インタビュー翻訳会社の一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳会社便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
英訳・和訳の翻訳に関する記事一覧翻訳サービスの対応一覧契約書翻訳サービス技術翻訳サービス
 
 
Copyright(c) 翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス All rights reserved.