翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス
株式会社ケースクエアGROUP

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト

翻訳の相場~料金の目安と内訳、算出方法~

翻訳料金の相場とは

翻訳料金は、翻訳対象となる文書の種類・分野や英日翻訳・日英翻訳の違いにより異なります。ここでは、文書の種類・分野別での翻訳料金相場、およびビジネス文書の翻訳料金相場について見てみましょう。
なお、以下でご紹介する各料金は、「英日翻訳」が英語1ワードあたりの料金、「英日翻訳」が日本語1文字あたりの料金となります。

文書の種類・分野別での翻訳料金の目安(英語・日本語)

日本翻訳連盟の公式HPで公開されている情報を参考に、文書の種類・分野別での翻訳料金の相場をご紹介します。

文書の種類・分野 英日翻訳 英文→和訳(税別) 日英翻訳 和文→英文(税別)
コンピューターマニュアル 28円 20円
一般科学・工業技術 28円 21円
金融 30円 25円
経営管理・財務・契約書 30円 25円
医学・医療・薬学 35円 30円
特許明細書 26円 30円
参照:日本翻訳連盟「翻訳料金(クライアント企業の翻訳発注価格)の目安」(https://www.jtf.jp/tips/price)

ビジネス分野の翻訳料金の目安(英語・日本語)

「2017年度翻訳白書(第5回業界調査報告書)」(日本翻訳連盟)の情報を参照し、ビジネス分野における翻訳料金の目安を見てみましょう。割合(%)は、各翻訳会社のアンケートから得られた回答の比率となります。

英日翻訳 英文→和訳 日英翻訳 和文→英文
料金 割合 料金 割合
11円未満 7.8% 9円未満 7.3%
11~14円 7.8% 9~10円 4.8%
15~18円 22.6% 11~12円 12.1%
19~22円 28.7% 13~14円 24.2%
23~26円 16.5% 15~16円 19.4%
27~30円 7.8% 17~18円 7.3%
31~34円 2.6% 19~20円 7.3%
35円以上 6.1% 21~22円 8.1%
- - 23円以上 9.7%
参照:日本翻訳連盟「2017年度翻訳白書(第5回業界調査報告書)」(ソースを閲覧するためには、日本翻訳連盟に会員登録をするか、または市販されている冊子版を購入する必要があります)
※参照サイト:https://www.jtf.jp/tips/price

翻訳費用の内訳と算出方法

一般的な翻訳会社における費用の内訳、および費用の算出方法について見てみましょう。

翻訳費用の内訳

翻訳費用は、主に次のような内訳で構成されています。

翻訳自体にかかる費用

翻訳作業そのものにかかる費用です。1文字単位や1ワード単位、100文字単位や100ワード単位など、翻訳会社によって基準が異なります。

翻訳した原稿の校正にかかる費用

社内の校正担当者や外部の校正会社などに校正を依頼した場合に加算される費用です。

クロスチェックにかかる費用

実際に翻訳した人とは別の人にも目を通してもらうなど、複数の視点から原稿をチェックした際に加算される費用です。

ネイティブチェックにかかる費用

翻訳対象となる言語のネイティブがチェックした際に加算される費用です。

翻訳費用の算出方法

上記を翻訳費用の内訳とし、最終的には次のような基準に基づいてトータルコストが算出されます。

文字数や単語数をカウントして費用を算出する

日本語の文字数や英語のワード数を単純にカウントし、その数に応じて費用を算出します。

文字数・単語数のまとまりの数を基準に費用を算出する

1文字単位や1ワード単位ではなく、100文字単位や100ワード単位などのまとまりで費用を設定し、このまとまりの数に応じて費用を算出する翻訳会社もあります。

原稿の分野・難易度に応じて費用を算出する

マニュアル、金融、医療などの分野に応じて費用を算出します。また、同じ分野でも原稿の難易度に応じて費用が異なることがあります。

言語の違いにより費用を算出する

翻訳対象となる言語の違いにより費用を算出します。

翻訳者のスキルの違いにより費用を算出する

翻訳会社の中には、翻訳者のスキルや経験の違いにより異なる料金を設定し、費用を算出しているところもあります。

追加費用が発生するケースとは

上でご紹介した料金とは別で、次のようなケースにおいて追加費用がかかる場合があります。

通常よりも早い納品を依頼した場合

短納期での翻訳を依頼した場合には、通常料金とは別で特急料金が加算されることが通常です。「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」などの期間に応じて加算料金が異なります。

翻訳とは異なる作業も依頼した場合

特別なレイアウトによる仕上げや指定のアプリでの成型など、翻訳とは異なる作業も一緒に翻訳会社に依頼した場合には、追加費用がかかることが一般的です。

翻訳する分量が少ない場合

多くの翻訳会社では「ミニマムチャージ(最低料金)」を設定しています。そのため、翻訳する分量が極端に少ない場合でも、最低料金に合わせた費用が発生します。

相場より良心的なのに高品質な翻訳サービスに注目

最初にご紹介した表からも分かる通り、翻訳料金は翻訳会社により大きく異なります。一度選んだ翻訳会社とは長いお付き合いになる可能性があるので、翻訳のクオリティを最も重視しつつ、少しでも料金が割安な翻訳会社とお付き合いしたいものです。

当社、株式会社ケースクエアでは、英日翻訳1単語・英日翻訳1文字につき8円~(バイリンガルのクロスチェック付きの場合は9.4円~)と、多くの方々が利用しやすい料金システムを設定しています。対応分野は、医療、契約書、工業技術、ビジネス、IT、法律、金融、出版、学術論文、特許など幅広く、基本的にはどのようなジャンルの翻訳でも対応が可能です。

見積もりは一切無料です。翻訳ニーズのある方は、ぜひお気軽に当社ケースクエアまでご相談ください。