株式会社ケースクエア公式サイト 翻訳サービス
株式会社ケースクエアGROUP

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト

動画翻訳を行う方法を解説!おすすめのツールをご紹介

動画翻訳をしてくれるツールの特徴とメリット・デメリット

Google翻訳・DeepLでの翻訳

Google翻訳・DeepLの翻訳の特徴

Google翻訳とDeepLは、どちらもオンラインで利用できる自動翻訳ツールです。
Google翻訳は100以上もの言語に対応しており、テキスト翻訳だけでなく音声入力・画像内のテキスト翻訳・リアルタイムの会話翻訳など多彩な機能を持っています。ニューラル機械翻訳(NMT)技術を用いており、日々データを学習しながら精度が向上するツールです。 DeepLはその自然な言い回しや文脈理解の精度が高く評価されている翻訳ツールで、特に英語とヨーロッパ言語間の翻訳においてはその自然な表現力が評価を受けています。動画を直接翻訳する機能は持っていませんが、動画の会話内容をテキストとして起こし、そのテキストを翻訳すると高精度な翻訳を期待できるでしょう。

Google翻訳・DeepLのメリット

Google翻訳の大きなメリットは、対応言語の多さと幅広い機能です。動画翻訳においては、音声認識機能を使って自動でテキスト化し、そのテキストを即座に翻訳が可能。文字起こしの手間を省けるため、動画内の会話やナレーションを効率よく翻訳できます。また、リアルタイムでの会話翻訳機能により、ライブストリーミング動画でも活躍してくれるでしょう。旅行先での会話、標識の読み取り、書類の翻訳など、様々なシーンで役立ちます。
DeepLのメリットは、翻訳の自然さと精度の高さです。複雑な文章や文脈に依存する内容でも適切な言い回しが可能。ビジネス文書や専門的な内容の翻訳において高い評価を得ているため、動画翻訳でもその高い翻訳精度を活かして自然な表現を使った字幕生成に貢献してくれるでしょう。また、ユーザーが翻訳結果を編集しやすいインターフェースも魅力的です。

Google翻訳・DeepLのデメリット

Google翻訳のデメリットのひとつに、特定の言語ペアや文脈における翻訳精度のバラつきが挙げられます。翻訳の結果が直訳に近いため、文脈やニュアンスを正確に伝えることを得意としていません。長時間の動画や複雑な構文を含む場合、誤訳が発生しやすい傾向にあります。また、動画翻訳においても音声認識の精度に依存するため、環境音や話し方によっては正確に翻訳できない場合があるでしょう。
DeepLのデメリットは、対応言語の少なさです。主要な言語・ヨーロッパ言語には強いものの、それ以外の言語には対応していない場合があります。また、無料版では翻訳可能な文字数に制限があるため、長文の翻訳や大量のテキストを扱う際には有料版の利用が必要です。さらに、動画翻訳には文字起こしとスクリプトの準備が必要なため、手間がかかります。

YouTubeによる自動翻訳

YouTubeの自動翻訳の特徴

YouTubeの自動翻訳は、動画の音声を自動的に認識して字幕を生成し、さらにその字幕を他言語に翻訳できる機能です。YouTubeにアップロードされた動画の音声を解析して字幕を生成する際にGoogleの音声認識技術が使われており、高い精度での音声認識が可能です。
特別な技術的知識がなくても利用できるうえ、翻訳に対応している言語は60以上に及ぶため、全世界へ向けたPR活動がしやすくなっています。

YouTubeの自動翻訳のメリット

無料ですぐに翻訳できる点がYouTubeの自動翻訳機能の大きなメリット。視聴者(ユーザー)側が言語設定を行うため、自身で翻訳作業をせずに翻訳された字幕を提供できます。自動翻訳を表示させる方法は簡単で、動画の右下にある「設定」から「自動翻訳」を選択し、希望する言語を選ぶだけで完了。翻訳作業にかかる手間やコストをかけることなく、多言語に対応した翻訳ができます。
また、リアルタイム翻訳機能を利用することで、ライブ配信中でも即座に多言語対応が可能です。

YouTubeの自動翻訳のデメリット

YouTubeの自動翻訳機能の大きなデメリットは、翻訳の精度が安定していないこと。専門用語やスラング、固有名詞などの翻訳が不正確になることが多く、視聴者が内容を完全に理解できない場合があります。特に専門的な動画を翻訳したい場合には影響が出やすく、視聴者に誤解を与える恐れもあるでしょう。
また、すべての言語に自動翻訳が対応しているわけはありません。一部の動画では自動翻訳機能が利用できないケースもある点に注意が必要です。
プロモーションを目的とした動画の場合では、自動翻訳機能による質の低い翻訳だと評価が下がってしまうリスクもあるでしょう。動画を使って商品・サービスを伝えたいのであれば、必要に応じて手動での修正や補足を行う必要があります。

ChatGPTを使った翻訳

ChatGPTを使った翻訳の特徴

ChatGPTはOpenAIが開発した人工知能(AI)を利用した高度な自然言語処理モデルで、自然な対話や文章生成が可能です。このツールはチャット形式で文章を生成するものですが、多くの言語をサポートしており文章の翻訳にも利用できます。
また、大量のテキストデータを基にトレーニングされているため、文脈を理解したうえで自然な翻訳が可能。英語や日本語だけでなく、フランス語や中国語といったさまざまな言語にも対応しているため、多言語間の翻訳も得意です。翻訳する際には、「〇〇語に訳して」と書き、その下に翻訳対象の文章を入力。入力された指示内容を理解したChatGPTは、翻訳対象の文章を指示された言語に翻訳して提供してくれます。

ChatGPTを使った翻訳のメリット

ChatGPTを動画翻訳に使用するメリットのひとつが、手軽さと迅速さです。インターネットに接続さえしていればいつでもどこでも翻訳が可能なため、瞬時に結果が得られます。時間が限られている状況や緊急の翻訳ニーズに対応する際に頼もしい味方になってくれるでしょう。
また、ChatGPTで翻訳を行う際に出力してほしい文章のニュアンスを指定すると、その指示に合った文章を生成が可能です。例えば、「子供でもわかる文章にして」と指示すれば、難しい内容でも分かりやすくかみ砕いたうえで翻訳してくれます。
ChatGPTは学習データに基づいて最新の言語トレンドや表現を反映できるため、時代に即した翻訳も可能。これにより、ビジネスや日常などの幅広いシーンの動画翻訳で適した翻訳を提供してくれます。

ChatGPTを使った翻訳のデメリット

ChatGPTにはいくつかのデメリットも存在します。まず、翻訳精度が入力された情報の精度や文脈に依存するため、入力されたテキストが不完全だったり文脈が不明確だったりすると誤訳が生じる可能性が高まります。特に、専門用語や固有名詞に対しては注意が必要です。
また、AIがテキストを補完する際には誤った内容をあたかも事実のように文章にする可能性があるため、ChatGPTで出力される答えが100%正しいというわけではありません。ChatGPTの翻訳が正確なのかどうかは、必ずファクトチェックを行って正しい文章に直すという作業が必要です。

高品質な動画翻訳をするために

動画翻訳した後はチェックが必要?

翻訳ツールを使って動画翻訳を行う場合、翻訳された内容が必ずしも正確であるとは限りません。特にビジネスにおいて動画翻訳をするなど、ミスが許されない場面ではファクトチェックが必要です。
例えば、ビジネスの商談において自動翻訳ツールで作成した文章を使った場合、不自然な文章が使われたまま交渉が始まってしまうと相手に不信感を持たれてしまうもの。場合によっては取引が見送られたり、会社の信用を損ねたりなど大きな問題に発展する場合もあるでしょう。
動画翻訳においてもこれは同じ。翻訳した内容に不備があると、動画の品質だけでなく「不備があるものを提供する」と不信感に繋がる恐れもあるでしょう。翻訳した後には必ず複数人でチェックを行い、内容が正しいのかどうかを確かめるようにしてください。

ビジネスの翻訳ならプロに依頼

企業のPR・製品・サービスの紹介やセミナーで使用する映像・マニュアルの資料動画など、正確な翻訳をしなければならない場面はビジネスでは多いもの。ビジネスの世界では翻訳内容に大きな不備があると商品そのものや企業のブランド力にまで影響を及ぼすリスクを秘めています。そのため、翻訳ツールの利用だけでなく、翻訳業者といったプロへの依頼がおすすめです。翻訳のプロなら対象の国やターゲットに合わせて細かいニュアンスも汲み取ってくれるので、正確性の高い翻訳を行ってくれます。
正確性の求められない動画であれば翻訳ツールの利用のみでも問題ありませんが、間違いが許されないビジネス翻訳はたとえ費用が掛かったとしてもプロに依頼するのが得策でしょう。

実績のある翻訳業者に依頼するなら

近年、YouTubeやインスタグラムなどの様々なSNSで新しい形のメディアが普及しており、世界各国で様々なコンテンツが広まっています。そのため、グローバルビジネスのツールとして動画の翻訳がユーザーに求められる内容がどんどん増えているのが現状です。
弊社ケースクエアでは、そんな時代背景やニーズに応えるべく、会社の紹介や企業の製品・サービス紹介、研修教材動画などの動画翻訳にも対応。技術翻訳や法律・契約書、論文等多様な分野の翻訳で培ったノウハウをもとにプロの翻訳家による高品質な翻訳を提供しています。
原文の日本語文字数で料金を提示したわかりやすい料金体系で、1文字8円~とリーズナブルな価格で対応が可能です。無料相談を受け付けているので、動画翻訳を検討中の方はお気軽にご連絡ください。

株式会社ケースクエア・動画字幕翻訳サービス>>