翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス
株式会社ケースクエアGROUP

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト

難しい?正しい契約書翻訳のコツ

契約書翻訳は難しい?その理由とは

契約書翻訳は難しいと言われています。難しいと言われる理由を、大きく3つに分けて理解していきましょう。

業界ごとに異なる慣習

住んでいる地域によって習慣が異なるように、企業活動においても企業が属している業界によって習慣が異なります。契約書にもその業界特有の習慣が反映されることがあるため、契約書翻訳においては対象となる業界の習慣をよく理解しておかなければなりません。
また、業界の習慣は時代とともに変化していくものなので、契約書翻訳を行う翻訳者は常に業界の最新情報を追い続ける必要があります。

アップデートされていく法律

業界の習慣と同様に、商取引における法律やルールも常に変化しています。各国の法律だけではなく、国際条約や協定といった商取引に関わる様々なルールが常にアップデートされていると考えてください。時代が変化を続けている以上、今後も法律・ルールは変化し続けていくことでしょう。
契約書翻訳においては、これらの法律や条約・協定などの変化に対しても、遅れを取らないよう常に最新の情報を入手し、学び続ける必要があります。

多岐にわたる情報収集が必要

契約書の対象となる商品・サービスの内容をきちんと理解していなければ、自然な翻訳をすることはできません。いかに高度な翻訳スキルを持っている翻訳者であっても、IT関連の知識なくしてIT関連の契約書を自然に翻訳することはできないのです。
英文和訳力・和文英訳力だけではなく、翻訳者には契約対象の知識が必要であり、かつ契約対象の幅が広ければ広いほど、幅広い分野の情報収集と勉強が必要になります。

難しいからこそ知っておくべき、英文契約書の種類

秘密保持契約(NDA:Non-Disclosure Agreement)

取引の当事者間で知りえた情報について、他に漏洩しないことを約束する契約。主に、商取引における本契約の交渉前に締結されます。

売買契約(Sales Agreement)

売買を成立させるための契約。英文契約書においては、以後の継続的な契約を締結する前段階で、試験的に1度だけ売買契約を結ぶ例が多く見られます。

販売店契約(Distributorship Agreement)

外国企業を自社の販売店として指名し、その企業に自社製品を買い取らせて現地で販売させる契約。販売店には商標使用権が与えられます。

販売代理店契約(Sales Agency Agreement)

外国企業を販売代理店として指名し、その企業に自社製品の販促活動を行わせる契約。指名された代理店は、サプライヤーの商品を買い取る必要はありません。

サービス契約(Service Agreement)

サービスの提供や対価を取り決める契約。日本における業務委託契約に類似しています。

ライセンス契約(License Agreement)

技術や商標などの知的財産権を持つ者が、第三者に対して当該知的財産権の使用を認める契約。第三者は、主に自社の販促活動に当該知的財産権を活用します。

技術提携契約(Technical Collaboration Agreement)

企業が技術面で協力して新製品の開発を進める契約。自社の技術を他社に貸与する契約も技術提携契約の一種となります。

合弁事業契約(Joint Venture Agreement)

異なる国の企業同士が共同出資し、新法人を設立する際などに締結される契約。運営方針や営業方針など、様々な事項を取り決めて契約を結びます。

M&A 契約(Merger and Acquisition Agreement)

事業譲渡、事業承継、会社買収など、一連のM&Aにおいて締結される契約の総称。取引される事業の範囲、既存の債権・債務の取り扱いなどを明確に定めます。

雇用契約(Employment Agreement)

従業員を自社に雇い入れる際に、自社と従業員との間で結ぶ契約。外国で現地従業員を採用する際には、現地の労働法にしたがう必要があります。

契約書を間違いなく翻訳するために必要なこと

和文契約書と英文契約書の違いを知る

一般に、和文契約書は内容が短くて概要的です。一方で英文契約書は内容が長くて詳細。英文契約書には口頭証拠排除法則等があり、契約書に記載されていない事項は法的に守られないという原則があるため、長く詳細になる傾向があります。
契約書を翻訳する際には、こうした和文契約書と英文契約書の基本的な違いを理解しておかなければなりません。

一般文書と契約書の違いを理解する

一般文書は不特定多数の人を対象にした文書であるため、読みやすさや理解のしやすさを重視した翻訳が求められます。一方で契約書は、権利と義務が法律で拘束される文書であるため、正確さを重視した翻訳が求められます。
契約書を正しく翻訳するためには、一般文書との前提の違いをよく理解する必要があるでしょう。

国際基準に合わせた翻訳をする

契約書にはその契約書を作成した国の商習慣が反映されているため、そのまま直訳してしまうと他国の企業には理解されない場合があります。そのため、契約書を翻訳する際には世界共通の国際基準に則った(のっとった)数字や単位などに変換して表記する必要があります。

専門性と知識を担保する

各国の商取引は、それぞれの国の商習慣に基づいて行われています。そのため、英文契約書を翻訳をする際に相手国の商習慣や国際取引を理解していないと、契約内容が相手に正確に伝わらない可能性があります。
商習慣や国際取引の専門的な知識を習得しておくことは、英文契約書の翻訳者として不可欠な要素となります。

契約書の翻訳業者を選ぶコツ

信頼できる契約書の翻訳業者を選ぶため、最低でも以下の5点を押さえておくようにしましょう。

品質担保を徹底しているか

契約書は、企業と企業の取引内容やルールを明記した非常に大切な書類です。万が一でも契約書の翻訳にミスがあっては、企業間の信頼関係が崩れ、双方が描いていた自社の将来像が達成されなくなる可能性があります。
契約書の翻訳業者を選ぶときには、過去の業者の実績などを根拠に、何よりも「品質担保」を徹底しているかに注目しなければなりません。

依頼したい契約書の翻訳実績があるか

業界の違いにより、契約書の考え方や習慣、仕様、表記ルールなどが異なります。それらの違いを踏まえて翻訳しなければ、相手企業に正しく契約内容を理解してもらうことは難しいでしょう。
翻訳業者を選ぶときには、依頼したい業界、依頼したいタイプの翻訳実績があるかどうかを確認しましょう。具体的な取引先名が公式HP等で公開されている場合には、それが判断材料となるでしょう。

適切なセキュリティ対策を講じているか

企業間の取引における重要な約束事をとりまとめた契約書。もしその内容がネットワーク上から外部に漏洩してしまえば大きな問題となります。情報漏洩による被害状況を確認できるまで、契約の実行が先延ばしとなるかもしれません。
翻訳業者を選ぶときには、随時アップデートを前提とした万全のセキュリティ対策が講じられているかを確認することも大切です。

品質に見合ったコストか

翻訳に加え、ダブルチェックや修正、ネイティブチェックなどが入る翻訳業者は、相対的に料金が高くなる傾向があります。一方で、ほぼ翻訳のみというシンプルな翻訳業者は、料金が安くなる傾向があります。
業者を選ぶときには単純に文字単価を比較するだけではなく、納品物の品質に見合った料金であるかどうかを確認する必要があります。

信頼性が高いか

業者の入れ替わりが激しいとされる翻訳業界において、信頼性の高い業者であるかどうかを客観的に判断することは簡単ではありません。そのような中でも少しでも信頼できる業者を選ぶために、「詳細な企業情報がWEB上に公開されているかどうか」「翻訳者のプロフィールが公開されているかどうか」といった点をしっかりと確認しておきましょう。