翻訳に役に立つ表現/フレーズ集3

 
翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス
株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

HOME > 翻訳に役に立つ表現/フレーズ集3

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛けください。(24時間対応)
 
 
会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

翻訳に役に立つ表現/フレーズ集3

 

日本語/英語/解説

 

日常生活について教えて下さい。
Please tell me about daily life there.

日本語のどんな習慣、を英語で typical customsと訳す事で典型的な、とか伝統的な習慣という意味が強くなります。

 

家族がどの様に暮らしているか教えて下さい。
What is a typical household like there?

家族は一般的にはfamilyですが、householdを使うと家庭という意味合いが強くなります。

 

あなたの家系の由来と歴史について教えて下さい。
Can you tell me about the background and history behind your family tree?

behindの使い方が特徴です。

 

アメリカで定番の娯楽はなんですか。
What do people do in America for fun?

定番の、という日本語を英語では直訳せず、do people doとする事で一般のアメリカ人は何をするのか、が表せます。

 

アメリカでの子育てについて教えて下さい。
Can I ask you to tell me about child-raising in US?

子育てという日本語はchild-raisingになります。

 

アメリカでの教育制度について教えて下さい。
Please tell me about the educational system in US?

これは日本語と英語が直訳になります。教えて下さい、は日本語では通常使われますが、英語ではpleaseをつけなかったり、letを代わりに使ってもやや丁寧な表現になります。

 

観光客におすすめの観光スポットはどこですか。
Do you have any recommendations for tourists?

sightseeing spotsとしても観光スポットを直訳できますが、この例の様に言い回しを変えて、観光客へのお勧めは、と聞くのも良いでしょう。ただこの英語だと日本語の観光スポットより広い範囲のお勧めを聞いている事にもなります。

 

一人旅に良い場所はどこになりますか。
Where is a good spot for single traveler to go?

single travelerを一人旅としています。他の表現でももちろん良いです。ここも翻訳者の好みになります。

 

女性一人旅でも安全なところはどこですか。
Which areas are safe for women traveling on their own?

on their ownは良い使い方で、一人旅の意味を明確に表しています。

 

子供連れで楽しめる場所はどこですか。
Where is the best place to visit with kids?

楽しめる場所、すなわち子連れで訪問するのに良い場所、と理解したので、この様な英語になっています。

 

今まで旅行した中で一番良かったところはどこでしたか。
Where is the best place that you have visited?

直訳の例文です。

 

そこを訪れるのに一番良い季節はいつですか。
When is the best season to visit there?

同じく直訳の例です。

 

これだけはみておいた方が良いというのはありますか。
Is there anything you think visitors should defiitely see?

definitelyを使う事で、shouldの持つ意味を強めています。見逃してはならない、位の強いお勧めが表現されています。

 

お勧めのマリンスポーツはなんですか。
What water sports would you recommend?

こちらはほとんど直訳になります。

 

一番綺麗なビーチはどこですか。
Which beach do you think is the most beautiful there?

丁寧に日本語を訳するとこの英語が綺麗な文になりますが、簡潔に、Tell me the best beach?で十分な場合もあります。

 

お勧めのお土産はなんですか。
Can you recommend a good souvenir?

なんですか、の日本語に対してはすぐに what を使うことが多いですが、敢えてwhatを避けると、この言い方で全く同じ意味を表すことができます。

 

人気のレストランを教えて下さい。
What is a popular restaurant in the area?

こちらはwhatを使った例です。

 

どんなものが流行っていますか。
What is in there right now?

流行っている、を英語でいう時の例です。Popularを使っても良いでしょう。

 

最近人気のファッションはどんなものですか。
What kind of fashion is popular right now?

popularを使っている例です。

 

流行のものはなんですか。
What is in style there now?

さらにin styleを使うとオシャレな英語になります。

 

最近のニュースはなんですか。
What stories are in the news there lately?

丁寧な英語で聞く場合の例です。

 

人気の音楽について知りたいです。
I am surious to learn about popular music there.

日本語に対し、英語ではseriousを使って、本当に自分は知りたい、を表現しています。

 

人気の番組にはどんなのがありますか。
What kind of TV programs are popular there?

直訳の例ですが、what kind ofは応用が広く効く表現です。

 

最近の現地事情について教えて下さい。
Please tell me about some recent goings on there.

recent goingsはやや砕けた言い方で、recent situationとするとやや畏まった表現になります。

 

ちょっと待って下さい。
Hang on.

waitを敢えて使わずに、hang+onとすると、より動きを感じる表現になります。とにかく待って、という感覚です。

 

少しお待ちください。
Can I ask you to wait a moment?

とても丁寧な言い方で、対顧客とか敬意を払う相手に言う時に使います。

 

もう一度言って下さい。
Pardon?

日常多用されている表現です。

 

えっ?
I`m sorry?

すみません、という謝罪の意味はありません。ただ聞き逃したので、もう一度言って欲しい、という意味です。元来は聞き逃した事に対する謝罪から来た表現と思われますが、ほとんどの場合、これを使うネイティブが謝罪の意味を持っているかと言えば、ありません。ただの表現です。

 

今チェックしています。
Let me just look that up.

checkという動詞を使っても良いですが、こなれた表現の1つとしてlook upがあります。

 

辞書で調べる必要があります。
I need to check a dictionary.

こちらはcheckの普通の使い方です。

 

なんて言えばいいでしょうかね。
I am not quite sure what to say.

色々な言い方ができますが、not quite sureを使う事で、自分は本当にわからない、をこなれた言い方で表現できます。

 

あなたならどう言いますか。
What would you say?

wouldを使うと、丁寧、尊敬を含めた言い手の気持ちがこもります。

 

すぐには思いつきません。
It's not coming to mind right now.

coming to mindは常套句です。

 

単語が思いつきません。
The word is not coming to me.

同じく coming to mindの使用例です。翻訳者の心がけとして、この表現の様に、生きたネイティブが好んで日常使っている英語表現をどの様な場面で使用するか、あるいは使用しないかを的確に判断する必要があります。

 

中断してもいいですか。
Is it OK if I take a quick break?

中断はstop, suspendなどいくつかの言い方ができますが、ここではa quick breakという比較的短い中断を表すフレーズにしました。

 

すぐに戻ってきます。
I'll be back in a sec.

a sec は、a secondの略になります。

 

こちらからかけ直します。
I will call you back.

backという単語はアメリカ英語では非常によく使われます。

 

一度切って(電話を)かけ直します。
I need to hang up and call you back.

hang upは文字通り、電話の受話器をおいて切る事ですが、スマホが発達した現代では、電話を置くという表現は適切ではありませんね。

 

 
 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせください。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳サービス英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
会社概要プライバシーポリシーについて翻訳会社コラム翻訳に役に立つ表現/フレーズ集サイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー翻訳会社の一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳会社便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 翻訳会社 英訳・和訳の翻訳サービス All rights reserved.