日本語 英訳

英訳の翻訳サービス
HOME
料金システム
ご注文の流れについて
料金/お見積もり
お問い合わせ
翻訳者募集
会社概要

日本語英訳

 英訳和訳の翻訳サービス  

お電話でもメールでもすぐにお見積もり致します。料金・お見積もりフォームはこちら

皆様の翻訳(日本語英訳)サポートとして。

日本語英訳の本来の目的とは、英語での読み手が如何に正しく日本語原文で意味している事を理解できるかということです。 文法的構造的な違いを正しく知り、その知識に基づいただけの翻訳ではこの事は実現できません。 2つの全く違った言語の背景、歴史、文化などを理解し、それを反映させる事をしなければなりません。 その為には日本語環境と英語環境についての知識・情報を日常生活の中で積極的に情報収集していく態度が必要です。 社会環境や“はやり“などの時事用語の勉強も、よりよい英訳を行う必要条件です。 さらに、生活体験、留学体験も両文化圏において経験すべきです。 この様な多種多様な経験と考え方を持っているのが、弊社の翻訳者達です。 その結果、多くのお客様より、本当に分かり易い英語で表現された英訳を行う会社、意味の通りが良い英訳、外国人が日本語で意味している事を正しく理解できる英訳を提供する翻訳会社であるとの評価を長い間頂いてきました。 弊社の翻訳可能分野は多岐に渡ります。 その為各専門分野ごとに、別々の翻訳者をチーム編成していますので、一人の翻訳者があれもこれも翻訳する事は致しません。 同時に弊社は英語・日本語翻訳に特化する事で、より専門度を高めています。 この様により高品質な英訳を行う体制を作り上げてきました。

それに加え、以下の特徴を備えています。

1)徹底したフォローアップ
2)お客様ご指定納期厳守
3)専任コーディネーター制
4)低価格

少しでも多くのお客様に高品質な翻訳を、お気軽にご利用頂きたいとの一心で努力しています。 是非、翻訳サービスを皆様の仕事のサポートとしてご利用ください。

 →無料見積りはこちら


日本語英訳 翻訳例
◆過去実績の中からその一部を紹介します。守秘義務の為、お客様名は公開しておりません。

●日本語原文
本学のグローバル・ビジネスプログラムは、「基盤教育科目」、「専門基礎科目」、「専門核科目」、「専門応用科目」の4分野で構成されており、学生は段階を踏んで学習を進めることとなっている。学生はまず始めに、基盤教育の3つの科目、「ミクロ経済学」、「代数学」、「統計学」を学び、次の段階では、2つの専門基礎科目である「マクロ経済学」、「会計学」を履修する。これを修了すると、「企業財務」、「マーケティング原理」等の10科目の専門核科目を必修科目として、また、「国際ビジネスにおける法環境」、「国際金融」、「マーケティング・リサーチ」など、15の専門応用科目から3科目を選択して履修することとなる。専門核科目と専門応用科目を履修するためには、アメリカの多くの大学と同様に、その前提条件科目を修了しなければならないが、これが日本国内の他大学と異なるところとなっている。また学生は、留学要件を満たした上で1年間、本学の提携校のひとつで専門核科目及び専門応用科目を履修する。このような体系的な学習を通して、学生はグローバル・ビジネスに関する理論と実践的能力を身につけることができる。

●英訳
Our Global Business Program consists of 4 fields: Basic Education Course, Advanced Foundation Course, Advanced Core Course and Advanced Applied Course in which students progress their study in stages. First of all, students study 3 Basic Education Courses: Micro-economics, Algebra and Statistics. In the next stage, they take 2 Advanced Foundation Courses: Macro-economics and Accounting. Once the above are completed, the compulsory 10 subjects from the Advanced Core Course such as Industry Finance, Marketing Theory etc are studied along with 3 subjects such as Law Environment in International Business, International Finance, Marketing Research etc. which are chosen from the 15 Advanced Applied Course subjects available. These courses, in much the same way as at many American universities, must be completed as a pre-requisite to taking subjects on the Advance Core and Advanced Applied Courses. This is what makes our system different from that of other Japanese universities. In addition, after having fulfilled the study abroad requirements, students take Advanced Core and Advanced Applied Courses at one of our affiliated universities for one year. Through such systematic learning, students master both the theory and practice of Global Business.


-Copyright (C) 2014 日本語 英訳 翻訳サービス, All Rights Reserved-